> >

30代からスタート!大人の女性の上品カラコンライフの手引き



「カラコンは若い子だけのアイテム」そんな思い込みはありませんか。

年齢にとらわれずに、自分スタイルを楽しむ女性が増えてきている昨今、大人の女性をターゲットにしたカラコンが増えています。
30代からスタート!大人の女性の上品カラコンライフの手引き
上手に活用すれば、30代特有の目のくすみを解消して、クリアで若々しい瞳に変身。10代後半、20代の時のようなエネルギッシュな印象を産み出すことが可能です。

今回は、30代女性のカラコン選び3つのポイントを紹介します。

アイテム選びを間違えると、下品な印象になってしまうので要注意。正しく選んで、歳を重ねた女性の特権、上品なカラコンライフを初めてみましょう。


ポイント1 眼に負担がかからない商品を選択する

サイズが合わないカラコンをつけていたり、着色密度の高いものを使っていたり。眼に大きな負担をかけると、眼精疲労を起こして目元のしわが悪化します。

サイズや構造にこだわった、瞳に優しいデザインの商品を選択するのが、30代のカラコン選びの一番のポイント。

個人輸入で購入するのは、20代前半まで。多少お値段が張っても、信用できる販売サイト、もしくは店頭販売で、納得できる商品選びをしてください。


ポイント2 奇抜なカラーは避けること

ブルーやグリーン、パープル。
外国人のようなカラーのコンタクトを、30代がつけこなすのは至難の技。失敗リスクをなるべく軽減したいなら、自分の瞳の色に近いカラーのアイテムを選択するといいでしょう。

つけていることを周りから気付かれない位、馴染みがいいものだと、非常に上品。「少し物足りない」と感じる位ちょうどいいのかもしれません。

クールな印象がお好みならライトグレー、甘くて優しい女性になりたいならブラウンがおすすめです。


ポイント3 シリコンハイドロゲル素材でウルウル感を

上品さを演出するのに欠かせないのが、瞳の潤いと艶感。ドライアイに対応できるように開発された「シリコンハイドロゲル素材」のカラコンが一番です。

コンタクトをしていても、目が疲れにくい商品なので、仕事や家事の最中もストレスレス。人工涙液の目薬を併用して、目の充血を防止しつつ、ウルウル感を維持することが、大人可愛い瞳への近道と心得ましょう。



3つのポイントを守って商品選びをすれば、30代でも十分カラコンを楽しむことができるはず。「大人気がない」「年甲斐もない」、マイナス発言は禁句です。

メイクの1つとして、心の抵抗を外してあげると、もっとお洒落の幅が広がります。

いくつになっても、綺麗でありたい気持ちは同じ。周りに遠慮しないでカラコンを楽しむことが、魅力的な容姿の維持につながるのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.