> >

通販でコンタクトレンズを購入する時に確認しておくこと



初めてコンタクトレンズを通販で購入してみようと考えた時、必要な情報は何か、迷われる方もいると思います。
通販でコンタクトレンズを購入する時に確認しておくこと
まず、必要なBC、Powerについて説明します。


BC(ベースカープ)

BCはベースカープです。

眼球は球体、この球体には個人差があります。
コンタクトレンズのベースカープはレンズのカーブを表します。

数字が大きいほどカーブがゆるく、小さいほどカーブはきつくなります。

眼球の大きい人が極端にベースカーブの小さいサイズを選ぶと、目がゴロゴロしたり、
疲れやすいなどの不快感を感じるようです。

このベースカーブですが、各メーカーによってサイズ展開が異なります。

例えば、ワンデー8.5と9.0のみの2択あるところもあれば、8.7のみのメーカーもあります。

同じメーカーでも2Weekになると、8.3までサイズが用意されていることもありますし、
カラコンはほぼ8.7のみのサイズだけという商品が多いです。
使用中のコンタクトレンズ以外を使用したい時、同じサイズがないと迷われるかもしれません。

ですが、少々のサイズ違いならフィットする可能性は大きいです。

各メーカーのサイズ展開が極端に少ないのも、カーブの大きさによる不快感を感じる人が少ないからです。

どうしても不安な場合は、やはり販売店にて試着をした方が安心ですね。


POWER(PWR)は度数

POWER(PWR)は度数です。

-(マイナス)の数字が大きいほど、近視の度数が大きい、見えにくいということです。

購入時に、この数値を指定することができないコンタクトレンズは度なしレンズになってしまいますので、注意してください。

コンタクトレンズは装着するとメガネより度数が出やすくなるので注意が必要です。

特に、普段はパソコンやスマホを操作することが多い人などは高い度数を必要としません。

度数が出過ぎるコンタクトレンズを使用すると、目が疲れやすくなります。
ちなみに、遠視の場合は+(プラス)で数値を表し、0(ゼロ)は矯正なしです。

他にもDIA、CYLなどの表示があります。


DIA、CYL

DIAはレンズの直径サイズであり、CYLは乱視の度数を表します。

BCやPOWERのように数値の選択肢はなく、商品ごと固定値で決められていることが多いです。

同じメーカーの商品でも、ワンデーならDIA14.2mm、2weekならDIA14.0mmなど少々違います。

以上のことが分かると、通販で購入時に迷うことも少なくなると思います。

通販で購入できるメリットは、販売店にいく手間が省ける、安く購入できるというところだと思います。

特にまとめ買いをすることで、安いだけでなく送料無料になることも。
忙しい人や節約したい人には強い味方になります。

ただし、コンタクトレンズは常にリスクと隣合わせであること、視力は変化することを認識し、定期的に眼科検診を受けるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.