> >

目の形に合わせたカラコンの選び方



人間の目の形は千差万別。だから、カラコンも、ちゃんと自分の目に合ったものを選ぶ必要があります。どのような基準で選べば良いのか? 詳しくご説明します。
目の形に合わせたカラコンの選び方


宇宙人を避ける

「宇宙人」といえば大きな目玉。それも、白目の部分がなく、目全体が真っ黒のなんとも不自然な形です。もし、自分の目よりも着色部分が極端に大きなカラーコンタクトレンズを選んでしまえば、これと同じ現象が起きます。

目が一番きれいに見えるのは、白目の部分に対して黒目がちょうど2倍ぐらいの大きさのときです。目が小さい人に、大きめサイズの黒いカラコンはNG。やわらかい色で、フチのデザインもぼかしてあるものを選びましょう。


切れ長の目の人

切れ長の人は、全体的に目の幅が細いので、直径の大きなカラコンは向きません。大きくても14ミリぐらいのものを使い、宇宙人状態を避けるために真っ黒よりもブラウンなどのやわらかい色を選びましょう。

うまく黒目の部分を強調すれば、ただでさえかっこいい美人 Eyeがさらに魅力的になります。


目が丸い人

愛らしい丸い目の形の人は、少し大き目のカラーコンタクトレンズでも大丈夫。選択肢の幅が広く、たいていのレンズは使いこなすことができます。

しかし、目力があるのでじっと見ているだけで「にらんでる?」と思われることが多く、あまり瞳を強調するものを使うと迫力が出すぎてしまいます。黒いものを使う場合は、できるだけ自然な印象になるタイプをチョイスしましょう。逆に、勝負をかけたいときにははっきりタイプのレンズを選ぶと印象的な目元が作れます。


たれ目メイクをしている人

女の子らしく優しい雰囲気のたれ目は男の子ウケも抜群。「あんなかわいい目元になりたい」と憧れる人も多く、つけまつげやアイライナーを駆使した“たれ目メイク”は大人気です。

さらに、アーモンドやセサミなどのやわらかい印象のカラコンを使えば、瞳は強調しながらもふんわりとしたイメージが実現できます。


目が離れている人

目と目の間の幅が広い離れ目の場合は、真っ黒なカラコンを使ってしまうと余計に目立つので、グレーなどの淡い色を使いましょう。特にフチのデザインが細いものは、瞳をくっきりと際立たせながらも繊細な印象を作り出し、とても自然な目元にしてくれます。


まとめ

自分の目の形が気に入らず「なんとかならないかなぁ」と悩む人は少なくありません。でも、整形手術をしなくてもカラーコンタクトレンズをうまく使えば理想的な目元を作ることができるのです。レンズの大きさや色はどんどんバリエーション豊かになってきています。いろいろ試して、お気に入りの1枚を見つけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.