> >

一般的なコンタクトレンズとカラーコンタクトレンズの違い



コンタクトレンズの役割は、視力の補正に用いられるのが一般的あるとされており、ハードタイプとソフトタイプに大別されています。
それでは、ハードタイプ、ソフトタイプの特徴をご紹介させて頂くとともに、一般的なコンタクトレンズとカラーコンタクトレンズ(以下、カラコンとします)の違いについてご説明していくことにします。


ハードコンタクトレンズとは

硬いプラスティック製の製品で、一般的には酸素の通過性が良いとされていますが、装着した状態になれるまでに1週間~数週間の期間が必要であるといわれています。

始めて装着した際には「ゴロゴロ感」や「痛み」、「違和感」が大きいのが特徴ですが、耐久性に優れ、安全性が高いというメリットを持っています。

ですが、現在販売されているハードコンタクトレンズは直径が9mmと小さく、レンズに色を入れてしまうと瞳の部分まで覆ってしまうことになります。

つまり、カラコンには不向きである上に、使用感があまりよくないというデメリットを持ち合わせているため、ファッション用のカラコンとしては出回っていません。

このタイプのレンズは薬事法により「高度管理医療機器」に指定されているため、医師による処方箋がない場合には、原則として購入することができません。


ソフトコンタクトレンズとは

文字通り、ハードタイプと比較した場合、かなり柔らかいプラスティックで作られているタイプの製品を指し、含水率が高いということが大きな特徴です。

つまり、ハードタイプと比較した場合に装着感はソフトで、「ゴロゴロ感」、「痛み」、「違和感」などはほとんど感じることがないということです。

また、直径は約14mm前後とハードタイプより大きく、瞳部分を除く黒目をすべて覆うことができることから、カラコンに適している種類のレンズであることがわかります。

さらに、小さなゴミやほこりなどが眼球とレンズの間に入り込みにくいため、スポーツをされる方には最適であるといわれています。

最近では遠近両用レンズやワンデー、2ウィークタイプなどの種類が開発されており、特に花粉の飛散量が多くなる季節には、季節限定でワンデータイプに切り替える方も多く見受けられます。

メリットの多いソフトタイプではありますが、ハードタイプと比較した場合には、眼球のタンパク質が付着しやすいという特徴を持っており、ワンデータイプ以外の場合ではこまめなお手入れが必要となります。

また、視力矯正用のレンズの場合ではハードタイプと同様、薬事法による「高度管理医療機器」の指定により規制が設けられているため、医師による処方箋がない場合には、原則として購入することができません。


カラコンとは

文字通りファッション性に富み、瞳部分(物体の識別部分)を除く黒目部分のカラーを自在に演出することのできるレンズの総称であり、度付きまたは度の入っていない完全なファッション用に大別されています。

その種類は「レースカット製法」、「キャストモールド製法(サンドイッチ製法)」、「スピンキャスト製法」の3種類に分類されていますが、現在のところ、上下の型の間に液状のカラー材質を挟みこんだ「キャストモールド製法」が、最も一般的であるとされています。

また、以前では規制のかかっていないカラコンでしたが、カラコンの不正使用などによる眼球の不具合に関する事故が多発したため、現在ではカラコンに関しても「高度管理医療機器」に指定され、医師の診断書や処方箋がない場合には購入できないこともあります。

カラコンはファッションの一部。
そのような考え方は確かに間違ってはいないでしょう。ですが、製造国によりその性能がまちまちなことも多く、事故がまったく起きないというわけではありません。

つまり、カラコンはファッションの一部であると同時に、「高度管理医療機器」であるという認識も忘れてはならないということです。

安心・安全にカラコンを使用するのであれば、やはり医師の指導のもとで、正しく使用方法を厳守することが大切であるといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.