> >

メイクとカラーコンタクトレンズの関係



カラーコンタクトレンズを使う人は、メイクもきちんとする場合が少なくありません。しかし、汚れが付着しやすいソフトレンズなので、取り扱いには注意が必要。どのようにすれば、安全に使えるのでしょうか?
メイクとカラーコンタクトレンズの関係

メイクをするとき

メイクをするときは、一番最初にカラーコンタクトレンズを入れておきます。順番を間違えると、レンズにメイク汚れが付着してしまうので気を付けましょう。


メイク落としをするとき

メイク落としをするときは、きれいに手を洗い、まずカラーコンタクトレンズを外してから行ってください。着けたままメイクを落とすと目の中にメイクやクレンジング剤が入ってしまいます。


スキンケアをするとき

化粧水や乳液をつけるときは、最初にカラーコンタクトレンズを入れてください。どんなに肌になじんでいても、手についた化粧品はどうしてもレンズに付着してしまいます。
ただ、液体状の化粧品は目の中に入りやすいので、全体がよくなじむまでは目をつむっていたほうが良いでしょう。


目薬をさすとき

メイクをしたままの状態で目薬をさすと、目薬と一緒にメイクが入り込んでしまいます。目薬をさすときは、できるだけメイクをする前にしましょう。順番としては、目薬→カラーコンタクトレンズ→メイクが望ましいです。


レンズに影響を与えにくいメイクの仕方

アイメイクは、顔の印象をガラリと変えてくれる便利なものです。しかし、目のまわりを塗る以上、どうしてもカラーコンタクトレンズに汚れが付着しやすいというデメリットもあります。そこで、少しでも影響を与えにくいメイクの仕方を調べてみました。


アイシャドウ

アイシャドウは、飛散しやすいパウダーよりもクリームタイプを選びましょう。伸び・つきがよく、パウダーに比べて発色が良いというメリットもあります。
使い方もとても簡単。指に適量をとり、直接まぶたに塗って綿棒でぼかせば完成です。
よれが気になるときは、水で濡らしたチップにルーセントパウダーを付け、上から押さえて定着させましょう。


アイライナー

女性誌には、まつげの間を埋めたり、まぶたのキワの粘膜に塗ったりする方法が紹介されていますが、まつげの内側には乾燥を防ぐための「マイボーム腺」というものがあるので、ここをふさぐと涙が出にくくなり、ドライアイを引き起こす原因になります。
アイライナーは、粘膜を避けるように塗りましょう。


マスカラ

まつげが下を向いたままだとマスカラが目の中に入る危険性があるので、まずビューラーでまつげを上げてから塗るようにしましょう。また、まつげの根元は避けるようにしてください。


まとめ

基本的には、手も顔も何もついていないキレイな状態でレンズを取り扱ったほうが良いです。なぜなら、ソフトタイプのコンタクトレンズは一度汚れが付くと落としにくいからです。眼病の原因となる雑菌を防ぐためにも、レンズをはめる順番やメイクの方法には十分に気を付けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.