> >

ネットでカラコンを買うのは危険?カラコンで失明?



カラコンをネットで買うのは危険?
カラコンで失明するって本当?

まことしやかにささやかれている噂を検証します。

ネットでカラコンを買うのは危険?カラコンで失明?


カラコンをネットで購入するのが危険と言われている理由

現在、コンタクトレンズは高度管理医療機器に、度無しカラコンは医療機器に認定されています。

平成21年11月まで度無しカラコンは医療機器ではなかったのですが、法改正により現在では度無しカラコンも医療機器として取扱うこととなりました。

この背景には、質の悪いカラコンが国内に出回ったこと、間違った利用法による眼病が後を絶たなかったことなどがあります。

具体的には、視力の低下を感じる、ドライアイ、疲れ目、細菌感染などです。

度ありカラコンは、個人輸入や海外で購入すれば日本国内の薬事法を遵守していないものでも購入することができます。

これらのカラコンは価格が安く、カラーが豊富なので現在もとても人気があります。

個人輸入や海外での購入は法律違反ではありません。

しかし残念なことに、これらのカラコンの中にも健康被害をもたらすものがあったとされています。

つまり、質の悪い度無しカラコンが過去に出回っていたことが「カラコンは危険」となり、質が悪い度ありカラコンの購入ルートがネットだったことから、「ネットでのカラコン購入=危険」となったわけです。

この背景を理解すると、カラコンだから危険、ネット購入だから危険という考え方が偏ったものであることがわかります。


カラコンで失明する?

カラコンを使ったら失明するという噂も都市伝説のように言われ続けています。

結論を言いますと、瞳にとっては異物であるカラコンが目になんらかの影響を与える可能性は否定できません。

ただしそれはカラコンが悪いというわけではなく、わたしたちの使い方に問題がある場合が主。薬事法をクリアしたカラコンを取説どおりに使用すれば、健康被害は容易に防ぐことができます。

・使用期限を守らずに使い続ける
・ワンデーカラコンを何度も着脱する
・正しい洗浄をしない

これらの使い方を日常的に行っていると、瞳の病気になりやすくなります。
健康被害の原因はカラコンに限ったことではありません。

わたしたちにとっては視力が上がる便利なコンタクトレンズですが、瞳にとってはかなりの負担がかかっているのです。

便利で、見た目を理想どおりに変えてくれるカラコンを安全に使うには、正しい利用方法を守ることが利用者の最低条件であり絶対条件。

違和感があったらすぐ外す、万が一目の病気になっていてもすぐにわかるように定期健診を欠かさないなどの自主的な防衛も重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.