> >

ドライアイとコンタクトレンズ



多くのカラコンユーザーを悩ます問題に、ドライアイがあります。ドライアイは読んで字のごとく目が乾燥する疾患なのですが、その症状はただ目が乾くというだけにとどまりません。目が痛んだりゴロゴロしたり、ときには上瞼が重く感じられて目が非常に疲れやすくなります。

また目をずっと開けていることが困難になるので、頻繁にまばたきをする方はドライアイが疑われます。コンタクトレンズを使っていると、レンズが曇ったような状態になってものが見えにくくなることがありますが、これも目の乾燥が大いに関係しています。


環境にも左右されるドライアイ

ドライアイは必ずしも病的なものばかりとは限りません。
エアコンの利いた環境に長くいればいるほど、どうしても目は乾きやすくなってしまいます。さらに、オフィスワークをする方やパソコン、スマホなどのディスプレイを長時間見る方はまばたきが少なくなるので、特にドライアイを招きやすいと言えるでしょう。

コンタクトレンズを使っていない方でももちろんドライアイになる可能性はありますが、とりわけソフトレンズを使っている方にドライアイの症状が出やすい傾向にあります。ソフトレンズの場合にはレンズを通しての酸素透過に水分を必要とするため、目が乾燥すればするほど角膜まで届く酸素が減ってしまうという問題もはらんでいます。


ドライアイの診断方法

ご自分がドライアイかそうではないのかは、眼科での単純な検査でわかります。現在一般的に行われているのは、まぶたに試験紙を挟んだ状態で5分ほど置き、試験紙がどの程度濡れたかで状態を見るというものです。
ただ、この検査は若干の痛みを伴うことがあります。

余談になってしまいますが、筆者がこの検査を受けた際にたまたま痛みが強かったことがあり、涙をこぼしながら5分間耐えていたところ、涙の量は全く問題ないと判定されたことがあります。

シルマー法と呼ばれるこの検査方法には正確性に問題があるという意見も少なくなく、これとは別の自動診断装置(TSAS)によるドライアイ判定を導入している眼科もあります。


ドライアイ対応の目薬

ドライアイの症状がひどい場合には涙点プラグの装着という方法が取られますが、多くの場合では涙に近い成分で目を潤すことが一番の解決策になるでしょう。

眼科で処方されるものの他、一般の薬局で手軽に購入できるものでは人工涙液「ソフトサンティア」がよく知られており、こちらはソフトコンタクトレンズやカラコンを装着している時でもそのまま点眼することが可能です。

ハードレンズ装着時にはほとんどの点眼薬がつけたままで使用可能なので、「よりどりみどり」だと言えます。

ただ、ドライアイ用の目薬を使っていても一向に目の乾燥が改善されないという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? その原因の一端は目薬に含まれる添加物にあります。ぜひ購入の際には成分表示に注目してみてください。

人工涙液には挿したときの清涼感はありませんし、いかにも効いた!という感覚を得にくいのですが、余分なものが入っていない分、目にやさしいのは間違いありません。ドライアイ対策にはできるだけ人工涙液を使用されることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.