> >

ジョンソン&ジョンソンとシンシアの2weekカラコン・サークルレンズ



カラコンにも2weekタイプのものがあります。2weekタイプはワンデーレンズとは違ってお手入れが必要ですし、洗浄液やケースなどのケア用品を揃えなければなりません。

ただ、レンズ自体はワンデーよりもお安いので、コストパフォーマンスが良いというメリットがあります。

今回はそんな2weekレンズの中から、視力矯正用の有名コンタクトレンズメーカー「ジョンソン&ジョンソンとシンシア」から出ているサークルレンズ、カラコンをご紹介します。

ジョンソン&ジョンソンとシンシアの2weekカラコン・サークルレンズ

ジョンソン&ジョンソンの2weekカラコン

アキュビューシリーズで知られるジョンソン&ジョンソンのサークルレンズ「ディファイン」シリーズには2週間タイプの「2ウィークアキュビューディファイン」もあります。

厚みは0.084mm(-3.00Dの場合)、酸素透過率(Dk/L値)は33.3(-3.00D時)、紫外線B波は約97%/A波は約81%カットということで、1dayレンズ「ワンデーアキュビューディファイン」や視力矯正用の「2ウィークアキュビュー」と同じスペックになっています。

ちょっと残念なのは、「2ウィークアキュビューディファイン」には「ヴィヴィドスタイル(ダークブラウン)」の1種類しかカラーやデザインの展開がないということでしょうか。

ヴィヴィドスタイルはナチュラルでありながら黒目がとても綺麗に見えるので人気が高いのですが、さすがに1種類のみというのはちょっと寂しいですよね。

ワンデイタイプはいくつかの種類が登場しているので、今後カラーバリエが増えてくるのを待ちたいところです。

近視用はごく度の軽い-0.50から強度の-9.00まで、遠視用は+1.00までと幅広く展開されていますが、残念ながら度なしタイプはありません。


シンシアの2weekカラコン

シンシアにはカラコン2週間タイプがいくつかありますが、2014年5月から発売されているサークルレンズ「アルティメット2ウィーク パール」をご紹介します。

こちらは「セピア」と「マロン」のナチュラルな2色展開ながら、着色直径が13.3mmとサークルレンズではクラス最大級で、黒目の大きさと可愛さが際立ちます。度なしタイプのほか、-9.00までの度数が揃っています。

※シンシアのカラコンといえば人気の「フェアリー」ですが、こちらには1ヶ月交換タイプもあります。

グラデーションがキレイな「プリンセス」と瞳がくっきり見える「クイーン」はブラウン、グレイ、ブルー、バイオレット、グリーンの各5色。自然な色味が可愛い「ナチュラル」はブラウンとブラックの2色展開になっています。


着色部分はレンズの内部なので安心!

以上、有名メーカーの2weekレンズ(と1monthレンズ)をご紹介してみました。

上記のレンズはいずれも着色されている部分がレンズ内部のサンドイッチ型なので、色素が直接目に接触することがありません。

一時期「綿棒で強くこすったら色素が取れてしまうレンズ」が話題になりましたが、「2ウィークアキュビューディファイン」「アルティメット2ウィーク」、そして「フェアリー」ではそういうことはまず無い、ということになりますね。

ただ、たとえどんなレンズを使っても取り扱いを間違えれば目に良いわけがありません。
冒頭にも述べたように2weekレンズは1dayレンズと違い、毎日のレンズのお手入れが必須になっています。

くれぐれも正しい方法でコンタクトレンズを使うようにしてくださいね。

ワンデーアキュビューディファインを買うならここ




アキュビューディファインを安く買うなら「アットスタイル」がおすすめです。その他、カラコン以外のコンタクトレンズも安いです。もちろん処方箋不要。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.