> >

コンタクトレンズの使用期限



コンタクトレンズの使用期限、しっかりと守っているでしょうか?

コンタクトレンズには原則的に、使用期限、というものがあります。
ものによって様々で、使い始めてから2週間後が使用期限のものもあれば、1か月先、3か月先、半年先が使用期限として指定されているものなど、期限はまちまちです。

しかし、それら全てに共通して言えるのは、使用期限が終わったならば、早急に使用をやめて、捨てなければならない、新しいものに取り換えなくてはならない、ということです。

ですが、この使用期限を守っていない、という方も少なくはないようです。

まだ使えそうだから、手入れはしているから、と思ってしまうのだろうということは分かりますし、そういった気持ちになってしまうことも理解できます。

ですが、そういう問題ではなく、どんなに綺麗に使っていても、既に期限が切れているものである以上、表面上は清潔に見えても不衛生ですし、眼病などに繋がる可能性でさえ大いに有り得るので、使用期限の切れたコンタクトを使用することは、実はとても危険な行為なのです。

コンタクトレンズの使用期限、とは言っても、何となくピンとこないという感覚も確かにありますが、コンタクトの期限が切れている、というのは要するにコンタクトを消費するまでの期限がとっくに切れているということ。

例えば、消費期限が切れた食品を食べればお腹を壊したり、食中毒を起こしたりする危険性がありますよね。

多少は違いますが、大凡それと同じことです。

使用期限の切れたコンタクトレンズをそのまま使用し続けていれば、どんなに手入れをした状態であっても、不衛生であることには変わりはなく、また、そこから結膜炎や物もらいなどの眼病になる可能性がぐっと引き上がってしまいます。

せっかく常日頃から、きちんとコンタクトレンズのケアを怠らずにしていても、期限が切れたコンタクトを過信して、使用したことで眼病を招いてしまっては、普段の努力が全て水の泡になってしまいます。

そうなってしまっては悲しいですし、コンタクトを買い替える以上に、無意味なお金がかかってしまいますよね。

たった一つの心がけでも、ご自分の目の安全を守ることに大きく影響してきますので、少しでもリスクは抑えて、正しく安全にコンタクトレンズを利用するためにも、コンタクトレンズの使用期限は必ず守りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.