> >

コスパ重視のカラコン選び



ワンデーカラコン、2weekカラコン、マンスリーカラコン、1年装用カラコン・・・。
カラコンの使用期限は主にこの4つになります。
いちばん使い勝手が良い長さはどれなのでしょうか?
コスパ重視のカラコン選び


ワンデーカラコン

いつでも清潔、たまにしかカラコンを使わない人には最適なワンデーですが、毎日カラコンを着用する方には不向き。コスパが悪すぎます。


2weekカラコン

ワンデーよりはほんの少しお安いですが、毎日カラコンを使う人にとってはちょっとお高め。

毎日の洗浄が必須なので、ワンデーでは不要だったケア用品代を考えると、お得度が高いとは言えません。

外出先で、どうしても目がゴロゴロしたときに1度外してからの再利用が可能なところはワンデーには無い利点ではあります。

連続装着可能なカラコンの中では、いちばん清潔で、安心感が高いカラコンと言えます。
コスパが悪くても安心を買うと思えば納得です。


マンスリーカラコン

マンスリーカラコンと1年装用カラコンは価格帯が同じものが多いので、どうしても1ヶ月で交換したい理由が無いのであれば1年装用タイプと比較してみて下さい。

主観ですが、1ヶ月装用タイプと1年装用タイプは、装用感も似たようなもので、マンスリーだから快適♪という感じはありませんでした。

この点でも1年装用タイプの方がお得です。


1年装用カラコン

コンタクト歴がある程度長く、瞳の中でのズレなどちょっとしたトラブルに対応できる方なら、1年装用が最もお安くカラコンを使うことができます。

毎日カラコンを使う方で、なんとなく2WEEKを何年も使っているは、1年間のランニングコストを比較してみましょう。

例えば、「2ウィークビューティー」
処方箋無しで購入できる007速配コンタクトでは2,980円で販売されています。1箱6枚入りなので約3ヶ月分(片眼)です。

1年だと両眼で24,000円くらいになりますね。

1年装用で知名度の高い「ヴィーナスアイズワンイヤー」なら両眼で4,900円。
コンタクトにかける費用をかなり抑えることができますね。


1年装用の着用感、清潔感

装用感は、カラコンの種類によってかなり大きく変わります。

カーブサイズでも装用感はとても変わります。BCが選べないカラコンが多いですが、8.7がダメなら8.6のカラコンを試すなど、自分の瞳にあうものを探してみて下さい。

なんとなく1年使用可能カラコンは清潔感に不安があるようなイメージがありますが、そんなことはありません。

カラコンで目の病気になった…などのネガティブな実例は「カラコンだからなった」のではなく「コンタクトを正しく使わなかったからなった」なのです。

ここを勘違いしてしまうと、2weekでもワンデーでも眼病になってしまいます。

1年装着可能のカラコンを1年近く使える人と、半年ほどしか使えない人の差は、日ごろのお手入れによるともいえます。

コンタクトに触れる前には必ず手を洗う、定期的なタンパク除去など、ちょっとしたことでも清潔度とカラコンのモチは変わってきますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.