> >

ケアでは回避しきれないカラコンのトラブル



コンタクトに纏わるトラブルといいますと、まずは結膜炎や視力低下、酷い場合には失明、などがあります。

日頃からしっかりとケアを怠らずにしていれば、そのようなトラブルはまず回避できると言えますが、怖いのはケアでは回避しきれないトラブルの方です。

安い海外製のコンタクトレンズを使用してしまい、失明に至った、などの話題をニュース等でお聞きになったことはあるでしょうか。

最近では安価でコンタクトレンズ、特にカラーコンタクトが出回るようになった分、ジャンク品と呼べるような品物を見かけることも多々あります。

そういった商品は造りが荒っぽく、コンタクト表面の色素がにじみ出してきたりする場合も下手すればありますし、実際に失明している人がいる以上、私は大丈夫だから、と不用心に過信して、安すぎるコンタクトレンズを着用するのは、あまりお勧めできることではありません。

海外製のカラコンは危険?

とはいえ、カラーコンタクトといえば、現在市場に出回っているものは殆どの品物が海外製、それを全て選択肢から除外してしまえば、一気に選べる商品は減ってしまいます。

ですが、何も海外製品のカラーコンタクトの全てが危険、というわけではないのです。

実際にトラブルが発生しているメーカーは海外メーカーに偏っている、というだけで、優良な製品を販売している海外メーカーも沢山存在しています。

安心できるカラコンのメーカーを見つける

重要なのは、不用意に決断する前に、選択肢を自分で絞り込むこと。レビューを見てみたり、メーカー名で検索して口コミを調べたりしてみると、おのずと選択肢は絞り込めると思います。

特定の安心できるメーカーを見定められれば、メーカーによっては購入時にポイントが付いて、次回以降の購入で割引として使えるお店があったりもしますので、そこからなら安全でいいものが買える!という確信が持てれば、購入時に毎度悩むことがなくなる上にいい商品をお得に購入できる、という利点もあります。

また、既にお気に入りのメーカーを見付けているご友人などが周りにいらっしゃる場合は、一度尋ねてみるのもいいと思います。

詳しい人が身近に居れば、購入時にアドバイスを仰ぐことも期待できるかもしれません。
コンタクトレンズは便利な分、危険性を伴うアイテムでもありますので、やはり他人からの意見や実例が聞けるに越したことはありません。

知人の助言でも、ネット上でのレビューでも、まずは自己判断だけで購入に踏み切る前に、一度口コミやアドバイスを聞いてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.