> >

カーブ数のバリエーションが豊富ではない



カラーコンタクト、という存在もだいぶ身近なものになってきました。

最近では色のバリエーションや価格帯共に、様々なものが増え、また、実店舗などでも気軽に購入できるようになりましたので、カラーコンタクトを日常的に、また、外出時などに使用していたり、あるいは、今後カラーコンタクトに挑戦してみたい!という憧れがある方もいるのではないでしょうか。

外国の方の真っ青で鮮烈な印象の瞳や、優しい雰囲気を与える、柔らかなグリーンの瞳、というものに憧れを抱く方は多いと思います。

勿論、日本人の黒い瞳も素敵ですが、自分たちとは違う雰囲気があるからこその憧れ、というものもあるのではないでしょうか。

そして、そんな憧れを叶えてくれるのがカラーコンタクトなのですが、いざ使ってみよう!と思っても、なかなか分からないことが多いかと思います。

カラーコンタクトのカーブ数

さて、そんなカラーコンタクトですが、普段日常的に使用している視力矯正用のコンタクトとは、仕様がいくつか異なっている場合が多い、ということを覚えておくと、購入が少し気軽になるかもしれません。

ここで躓いてしまう方もやはりいるようですので。

仕様の違いについて、まず具体例としては、医療用のコンタクトと比べて、カーブ数のバリエーションが豊富ではない、などが挙げられるかと思います。

これは、実際に通販サイトや店舗で見て頂ければ分かると思うのですが、普段からコンタクトを使用している方が普段と同じ感覚でカラーコンタクトを選ぼうとすると、多少の戸惑いを覚えるかもしれません。

カーブ数があまり選べない、ということは、ご自分の瞳にぴったり合う品にはなかなか出会えない、ということになります。

医療用ではなく、ファッション用のコンタクトレンズですから、快適な着け心地、というものはどうしても医療用のそれよりは下回ってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.