> >

カラーコンタクトレンズ女子の必須アイテム



カラーコンタクトレンズを使うと、目も盛ることが出来るし、おしゃれを楽しむ生活に必須ですね。
そんなカラーコンタクトレンズを、毎日快適に使用していく為の必須アイテムを知っておきましょう。


ポーチには忘れずに目薬を

カラーコンタクトレンズを使用していると、目が乾燥してしまう事もあります。
特に、長時間使用していたり、パソコンやスマホなどで目を酷使しているとさらに症状を感じやすいかもしれません。
外出する際には、ポーチなどに目薬を入れて置くのを忘れないようにしましょう。
目の乾燥は、酷くなると、慢性的なドライアイを引き起こすかもしれません。
ドライアイがあまりに酷くなってしまうと、コンタクトレンズ自体の使用が出来なくなってしまいます。
乾燥を感じたら、早めに目薬を使うことが大事です。
目薬を選ぶ際には、ソフトコンタクトレンズに使用出来るものを選ぶようにして下さい。
目薬にも、様々な効能があり、充血を防ぐものや栄養分が多いものがありますので、自分の好みで選びましょう。


爽快!目の洗浄液

CMなどでも見かけるかもしれませんが、レンズを外した後の目を洗浄できるものを使用するのがお勧めです。
外出中に目に付着してしまった汚れや、花粉などを取り除くことが出来ます。
メイクを落とす際に、マスカラなどのカスが目に入ってしまっていることがよく有りますが、
メイクを落としたあとに使用すると、非常にすっきりとした気分を味わうことが出来ます。


カレンダーのマーキング

特に忘れがちな2WEEKタイプのカラーコンタクトレンズの使用期限などを、カレンダーに印を付けると良いでしょう。
使用期限を過ぎての継続しようが原因で、目のトラブルに発展する事が良くあります。
カレンダー自体を見ない人などは、スマホアプリなどのスケジュールを使うと、忘れづらいかもしれません。
また、タンパク質汚れの集中ケアをした日を管理したり、眼科への定期検診などの予定なども管理しましょう。
毎日使用しているうちに、うっかり忘れてしまいがちな事ですので、工夫をする事が大切です。


目にもお疲れ様を

一日カラーコンタクトレンズなどの使用で疲れた眼球を労ってあげましょう。
こめかみ部分をグリグリとマッサージをしたり、眼球を上下に動かす目の体操などをすると効果的です。
また、出来るだけレンズを早い時間に外す努力もしましょう。
カラーコンタクトレンズに限らず、すべてのコンタクトレンズは、目を覆うようにして使用するため、
裸眼時よりも酸素の透過性が低くなってしまいます。
帰宅後すぐに、外す習慣を付けるなどすると良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.