> >

カラーコンタクトレンズを使用する際の注意点は?



コンタクトレンズは、視力を補正するだけのものではなく、おしゃれに使用する時代になりました。

視力が悪くない人でも、度なしのレンズを使うことで、眼球のサイズを大きく見せる事が出来ます。

しかし、大切な目に直接入れて、使用するものですので、注意して扱わなくてはなりません。
きちんと用法を守る事で、自分の目を守りながらおしゃれを楽しむのが大切です。


眼科の定期検診はきちんと受ける事

カラーコンタクトレンズは、雑貨店などでも購入する事が出来ます。
眼科でレンズを購入する際には、定期検診に来るように指導を受けます。
しかし、眼科以外で購入したレンズを使用していても、3ヶ月から6ヶ月に一度は眼科で検診を受けることをお勧めします。
定期的に眼科で検診を受ける事で、目のトラブルをあらかじめ予防する事が出来ます。
ドライアイや眼病になってしまうと、コンタクトレンズ自体の使用を一時休止しなくてはならなくなります。
コンタクトレンズを使用するのには、自分の現在の目の状態をきちんと把握して使用することが大切です。
頻繁に眼科を受診するのは面倒かもしれませんが、何かトラブルが起きてしまうと、さらに通院の回数を必要とします。
忘れず受診するように、きちんとスケジュールを把握し、こまめに眼科に行くようにしましょう。


用法をきちんと守る事

1DAYタイプのレンズや2WEEKタイプのレンズは、期限が来たら破棄しなくてはなりません。
期限が過ぎている自覚があるのにも関わらず、そのまま使用している人が少なくないようです。
破棄しなければならないレンズを使用し、何かトラブルがあっても誰も保証などはしてくれません。
節約の為などといって、そのまま使用し続けるのは、絶対に辞めましょう。
目に見えない汚れが付着していたり、レンズが劣化している可能性があります。
目のトラブルを引き起こす大きな原因になる事は、間違いありませんので、きちんと管理しなくてはなりません。


ケアを怠らない事

1DAYタイプ以外のカラーコンタクトレンズは、毎日のケアが必須です。
1本のケア商品で、タンパク質汚れを落とすことが可能なタイプが各メーカーから販売されています。
そのような手軽な製品を使用すると良いでしょう。
レンズの汚れがすっきりしない時には、タンパク質除去専用のものを使用するとキレイに落とすことが出来ます。
また、レンズを扱う際には、必ず手を洗ってからにしましょう。
見えない油汚れなどが、レンズに付着してしまう事があります。
特に女性の場合には、メイクの油などが気づかぬうちに指などに付いてしまっている事が多いので気をつけなくてはなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.