> >

カラーコンタクトレンズのケア方法



カラーコンタクトレンズのケア方法
1DAYタイプの使い捨てレンズ以外のレンズは、ケアする必要があります。
2WEEKタイプのものであっても、使用期限内の間は、毎日手入れを行います。
少しの時間の装着でも汚れは付着するので、きちんと手入れをして清潔な状態に保たなくてはなりません。
レンズを清潔に保つことで、目の健康を守り、眼病やトラブルを予防します。


1本で済むタイプの洗浄液がお勧め

洗浄と保存が1本の商品で済むものが、各メーカーから販売されています。
洗浄の役割は、装着時のタンパク汚れなどをきれいにしてくれます。
汚れたままにしておくと衛生面での問題以外に、レンズの曇りの原因になります。
汚れをきちんと落とすことは、コンタクトレンズを使用する上で、一番大切な事ですので、きちんと行いましょう。
外した後には、きちんと保存液を入れ、保管しましょう。


汚れが気になるときには

特にカラーコンタクトレンズの場合には、レンズに付着した汚れが目立ちません。
毎日ケアをしていても、コンタクトレンズの汚れが気になる時には、専用の洗浄液を使用して下さい。
毎日のケアでは、取りきれない汚れもきれいにする事が出来ます。
特に、2WEEKなどの使い捨てではないタイプのものは、長く使うほどに汚れが付着しています。
専門の洗浄液を使用すると、視界がクリアになるのを感じることが出来るでしょう。
汚れが気にならないときには、毎日のケアで十分ですので、気になった時にだけで構いません。
1本常備しておくと、安心する事が出来ます。


レンズケースには気をつけて

毎日使用するレンズを保存するケールには雑菌が付き易いので気をつけましょう。
ケースは、常に清潔を心掛ける事が大切です。
レンズを装着したら、レンズケースを水でよく濯いで下さい。
濡らしたままにしておくと、雑菌が湧いてしまいますので、自然乾燥をしなくてはいけません。
また、プラスチックケースはどうしても劣化してしまうものですので、頻繁に交換するようにしましょう。
簡単に手に入れるコツは、ケア製品におまけで付いているものを探すと良いかもしれません。


意外に忘れがち 清潔な手でケアしましょう

ケアをする前には、手をきちんと洗わなくてはなりません。
雑菌などは、目には見えませんので、意識をしてきれいにしましょう。
特に女性は、手にファンデーションなどの化粧による油が、気づかぬうちに付着している事が多くあります。
せっかくケアをするのに、手が汚れていたのでは台無しです。
帰宅後に手を洗っていても、コンタクトレンズを触る際には、もう一度洗うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.