> >

カラーコンタクトレンズについての豆知識



若い女性を中心に大ヒットを飛ばしているカラーコンタクトレンズですが、その細かい特徴についてはあまりよく知られていません。どのような仕組みになっているのかを詳しく説明します。
カラーコンタクトレンズについての豆知識

ソフトレンズ専用

カラーコンタクトレンズは、すべてソフトタイプです。
そのため、お手入れするときもソフトレンズ専用のクリーナーを使います。

ハードレンズのように水道水ですすぐことはできないので気を付けてください。

もし、面倒だからと水道水で洗ってしまうと、レンズに水道水に含まれるアメーバが付着し、失明することもあります。


購入するときはベースカーブを測る

カラーコンタクトレンズは雑貨屋さんにも売っていますが、目の健康を守るためにも眼科できちんと検査をしてから質の良いものを買いましょう。

選ぶときはカラーだけではなく、ベースカーブというものを測ります。
これがずれていると使用中に違和感を感じたりするので、必ず測っておいてください。
ちなみに、数値が小さいほどカーブはきつくなります。


使用に向かない人とは?

カラーコンタクトレンズは水分を吸収してしまうソフトレンズなので、ドライアイで目が乾く人には向いていません。

また、付け心地が良いので付けっぱなしで寝てしまったり、装用時間を守らなかったりする人が後を絶たず、失明寸前になってあわてて眼科に駆け込むケースも増えています。

きちんとケアをする自信のない人や、目になんらかの異常がある人には向かないので、購入前には使いこなせるかどうかをよく考え、医師に相談しましょう。


度ありと度なしが選べる

カラーコンタクトレンズには、ファッションとして楽しむ度なしと、視力の悪い人に便利な度ありの2種類があります。

残念ながら、今のところ度ありのバリエーションはそれほど多くありませんが、メガネを併用するなどして上手に使いこなしましょう。


色素の閉じ込め方

カラーコンタクトレンズに使われる色素には、アルミニウムやチタンなどの金属が使われています。ですから、これらの成分が直接目に触れてしまうと傷がつくなどのトラブルを引き起こしてしまうのです。

これを防ぐため、各メーカーはより安全なレンズを作るための研究を続けており、代表的な技法としては次のようなものがあります。

サンドイッチ製法

言葉通り、色素をレンズで挟んでパックしてしまう方法です。少し厚みは増してしまいますが、色素が目に触れる心配がないので安心です。

フルキャストモールド製法

サンドイッチ製法のレンズでは付け心地が悪いという人におすすめなのが、この製法で作られたレンズです。1枚のレンズの中に色素を閉じ込めるので、薄いまま使うことができます。


まとめ

カラーコンタクトレンズには、このような特徴があります。基本的に、普通のソフトコンタクトレンズと同じ扱い方で良いのですが、色が付いている分目への負担は大きいので、連続して使用する時間は6時間以内にしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.