> >

カラコンを安全に利用するための選び方



カラコンを安全に利用するための選び方
カラコンは適切に使用する事が瞳の健康の為には大切なことです。

瞳の健康の為には、装着するカラコンの説明をよく読み、トラブルのないようにするようにしなければいけません。

これからカラコンを購入する際のポイントについてご紹介したいと思います。

高度管理医療機器としての承認があるカラコンか?

まずカラコンを購入する際には、高度管理医療機器としての承認がされているものを選ぶことが非常に重要です。

以前は度なしのカラコンについては、高度管理医療機器としての承認が必要ありませんでした。しかしカラコンの普及に伴って、様々なトラブルが増えてくるようになりました。
そのため、2009年11月から度なしのカラコンについても高度管理医療機器としての承認が必要となったのです。当初は承認されたカラコンはわずか10種類でしたが、現在では承認のされたカラコンは300種類近くにもなっています。

以前に比べて安全性の高いカラコンがたくさん出てきているのは嬉しいですよね。

ただ、必ずしも販売されているカラコンが高度管理医療機器としての承認がされているものとは限りません。まだ承認されていないカラコンが販売されている場合もあるので、購入する際は承認されているカラコンかどうかをきちんと確認するようにしましょう。

次に酸素透過率がどのくらいかを確認することも重要なポイントです。

そもそも透明のコンタクトレンズに比べ、色素の入っているカラコンは酸素透過率が低いのです。透明のコンタクトレンズでも酸素の透過が不十分なことにより、ドライアイになってしまったり、炎症を起こしてしまったりと様々なトラブルが出てしまうことがあります。

カラコンを選ぶ際には、そもそも酸素透過率が低いということを頭に入れて、なるべく酸素等透過率の高い製品を選ぶようにしましょう。


カラコンの色素

カラコンを購入する際には、どのような形で色素が入っているのかというのに気を付けた方がより安心して使用できます。

カラコンは主にサンドイッチ方式で作られている事が多いようです。

サンドイッチ方式はレンズとレンズの間に色素を挟み込んで作られたカラコンで、色素が直接目に触れることのないような構造になっています。

安全面やカラーが綺麗に出ることからほとんどのカラコンがこの方式を採用しているようです。

他にも色素を浸透させて作られる浸透方式や、レンズに色素をプリントして作られるプリント方式などがあります。

どの方式も色素が溶出することのないように、注意されて作られていますが、やはり色素の溶出はカラコン使用の際には気を付けなければいけないトラブルのひとつです。

事前に安全性の高い方式で作られているカラコンか十分確認してから購入するようにしましょう。


ベースカーブや直径が自分の瞳に合っているか?

次に重要なポイントはベースカーブや直径が自分の瞳に合っているかどうかです。

コンタクトレンズを装着した際に、着け心地が良し悪しを左右するのがレンズのベースカーブです。ベースカーブが合わないと、装着時にレンズが目の中でたくさん動くなどの違和感が出たり、それが瞳を傷つけてしまったりする原因にもなります。

自分のベースカーブを調べるには眼科医で診断してもらう必要があります。

コンタクトレンズ販売店であれば、眼科医の診断を元に自分に適したベースカーブのカラコンを出してもらえますし、試しに装着してみることも可能です。

でもネットショップやバラエティショップ、ディスカウントショップで購入する場合は、自分で合うベースカーブかどうかを判断する必要があります。

自分の予測で、ベースカーブを判断してしまうと合わないレンズになってしまいがちです。ベースカーブは大体このぐらいだろうと自分で判断をせず、購入前に自分のベースカーブを眼科医できちんと診断してもらい、適したベースカーブを元に決めるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.