> >

カラコンにアイメイクの汚れが付いてしまった時の対処法



コンタクトにアイメイクの汚れが付いてしまい、外してから慌てて洗ったら破いてしまった…と言う話を時々耳にします。
カラコンにアイメイクの汚れが付いてしまった時の対処法
アイシャドウやアイライナーなど、女性なら日常的に目元は他一倍しっかりメイクをされていることでしょう。

ですので、それらがコンタクトに付着してしまうのはどうしても避けられません。

ですが、コンタクトの表面に、はっきりと目視できるほどに、黒いマスカラやアイライナーの汚れが付いてしまった場合、そのまま目に入れるわけにはいきませんし、普通に洗ったり洗浄液につけておいたところで汚れが落ちるはずもなく、早くどうにかしなきゃ!と慌てて洗って破いてしまった…または、もう使えないものだと思って使用期限はまだあったけれど捨ててしまった、などの経験がある方も少なくはないのかもしれません。

こういった場面での、咄嗟の対応というものは大概うまくは転ばないものです。

ましてや慌てた状態で、コンタクトなどというデリケートな品物を扱ってしまうのはとても危険です。

カラコンに付いてしまったメイクをどうやって落とす?

では、どうにもならないのか、どう対処すればいいのか、という疑問が出てきますが、コンタクトにメイク汚れが付いてしまった場合、まずは落ち着いて、一度普通に、普段の手順でいつもの洗浄液で、コンタクトを洗ってみてください。

洗浄液で大まかな汚れが落ちて、コンタクトの表面が潤いましたら、次に綿棒を用意します。綿棒の先に洗浄液をたっぷり含ませて、ゆっくりと円を描くように、メイク汚れをなぞってみてください。この時に決して強くこすってはいけません、コンタクトを破いてしまう原因になります。

ゆっくり慎重に、汚れの部分を重点的になぞってやると、大分汚れが落ちてくると思います。

その後、コンタクト表面に滲みだしたメイク汚れをもう一度洗浄液で洗ってやれば、大概は元の綺麗な状態、着用できる状態にまで戻ります。

お気に入りのコンタクトを大切に使う為に、覚えておいて損のないテクニックですので、マスカラやアイライナー、アイシャドーなど、面倒なメイク汚れを付けてしまった時にはまず一度落ち着いて、そして、是非こちらを試してみてください。

確かにメイク汚れは厄介なものですが、落とせないわけではありません。

まず、汚れを付けないようにしたいところでもありますが、付いてしまったものは仕方がありませんので、正しい対処をして、どうか次回から気を付けるように心掛けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.