> >

お洒落に敏感な女子達はに当たり前になったカラコン



定番のファッションアイテムが「カラーコンタクト」

以前はコンタクトレンズというと視力矯正目的の為に視力の良くない人が使用するもので、視力の良い人が使用するということはありませんでした。

でも最近では視力が良くてもお洒落でコンタクトレンズを使用する人が増えてきています。

もはや若いお洒落に敏感な女子達の間では、当たり前に使用していると言っても過言ではないアイテムが「カラーコンタクト」。

「カラコン」と呼ばれるこのアイテムは、着けるだけで瞳の印象を大きく変えられるというのでお洒落に敏感な女子から熱い支持を集めています。

透明や薄い水色をした視力矯正目的のコンタクトレンズの歴史をさかのぼると、レオナルド・ダ・ヴィンチの時代にまで辿りつくほど歴史が深いものですが、カラコンの歴史はまだ浅く、カラコンが登場したのは1990年代に入ってからです。

カラコン発売当初は、グリーン・ブルー・グレー・ブラウンなどのカラコンをチョイスする人が多く、その目的は瞳を大きく見せたいというものよりも、瞳の色を完全に変えたいとかハーフっぽく見せたいという目的で使用する人が多く、現在の使用目的とは少し違っていました。

その当時はグリーンやブルーなどはなかなか普段使いができないカラーなので、遊びに行く時に普段使いできないカラーを着けるという感じでした。

現在主流のブラックのカラコンは、その当時はまだ現在のように種類が全然なく、コンタクトメーカーによっては、カラー展開の中にブラックのカラコンがないところもあったぐらいだったのです。

ブラックのカラコンが浸透してきたのは、カラコンが発売されてからしばらく経ってからです。

グリーンやブルー、グレー、ブラウンと一通りカラコンを楽しんだお洒落に敏感な女子達の間で、どうやらブラックのカラコンを着けると瞳の印象がだいぶ変わるらしいという説が徐々に広まっていき、ブラックのカラコンを着ける女子が増えてくるようになっていきました。

グリーンやブルーのカラコンに比べるとナチュラルで、着けているかも気が付かれない程。それまではお化粧でしか瞳を大きく見せられたり、可愛く見せられたりする方法がなかったものが、カラコンを着けることによってナチュラルに瞳が大きく見せられて、可愛くなれると瞬く間に女子達の間でブラックのカラコンが浸透していったのです。

現在は可愛くなれるということを謳ったカラコンがたくさん出ていますが、当初はそんなにカラー展開もなく、ブラックのカラコンは主流でもありませんでした。

女子達の可愛くなりたい!という願望が新しいカラコンの使い方を生み出したと言えるのかもしれませんね。


カラコンのトラブル

カラコンは現在ではブラック・ブラウン・ブルー・グレーなど様々なカラーの展開があり、他にも動物のような瞳や、アニメに出てくるような絵に描いたような瞳も演出できるカラコンが多数出ています。

そういったカラコンは普段使いというのはなかなか難しいですが、舞台や映画なんかで使用されたり、ハロウィンの時の仮装の為に使用する人もいるようです。

そういった特殊メイクのようなカラコンもできるなんて、カラコンの技術はすごい進んでいるんですよね。

どれも普通にお店で販売されているものなので、気軽に使用できるようになっています。

ただカラコンの技術が進んでいる一方、使用の仕方を間違えてしまうと、思わるトラブルになってしまう可能性もあります。大事な瞳のことですから、そのことはカラコンを使用する前にきちんと知っておく必要があります。

カラコンのトラブルは普及が増えていくのと同時に年々増えて行っている傾向にあります。

カラコンの場合、通常の透明のコンタクトレンズとは違い、カラーを出す為の色素が入っているので扱い方には特に注意しなければいけません。

カラコンに使用されている色素は、商品によってはレンズ自体に使用されている素材よりも硬いものもあったりするので、溶出してきた色素が瞳を傷つけてしまったり、眼粘膜に刺激を与えてしまうリスクがかなり大きくなってしまう場合があるのです。

カラコンのカラーの部分に使われている色素が溶出してしまう原因は強くこすってしまったりしたり、レンズ自体が劣化してきてという場合など原因は様々です。あまり優れた商品ではない場合、強くこすってしまわなくても色素の溶出が見られるケースもあり、それによって瞳が傷ついたり炎症を起こしたりしてしまうこともあるのです。

透明のコンタクトレンズを購入する人は度入りになるので、その場合視力が変わっていたり、販売店によっては眼科医の診察を受けないと購入できないとしているところも多いため、レンズを購入するには定期的に診察をしてもらっているという人が多く、割と瞳のトラブルがあった時に早い段階でわかりやすい傾向にあります。

その上きちんと安全性が確認されたコンタクトレンズを専門店で購入することが多いので、瞳のトラブルのリスクはカラコンに比べると少ないようです。

同じ“コンタクトレンズ”というくくりではあるので、透明の視力矯正目的のコンタクトレンズとカラコンは同じような気がしますが、酸素の透過率に置いても透明のコンタクトレンズとカラコンはだいぶ差があるということは頭に入れて置く必要があります。

カラコンの酸素透過率は透明のコンタクトレンズに比べるとだいぶ低く、透明のコンタクトレンズと同じように長時間装着するというのは瞳の健康の為には控えた方が良いようです。

ブラックやブラウンのカラコンは現在は普段使いをされている人が多いと思いますが、きちんと推奨されている装着時間を守り、瞳に休息を与えながら装着するようにしましょう。

カラコンを使用する際は、レンズ自体を強くこすらないこと、安全性が確認された所から購入すること、たとえ視力が悪くなくても、3か月から6か月に1回は瞳が傷ついていたり、炎症をしているようなことがないかなどの検査は眼科で受けるようにしましょう。

カラコンは現在ではだいぶ手軽に使えるようになりましたし、たくさんのカラコンが販売されています。しかし一方でトラブルも多く報告されています。

カラコンは適切に使用すれば自分を素敵に演出してくれる優れた便利なアイテムになります。ですからカラコンを使用したいと思った時には、適切な場所で購入し、安全な使用方法をきちんと守って瞳を傷つけてしまうことのないように十分注意してください。


カラコンが浸透した理由

今やカラコンはお洒落で可愛くなりたい女子達の間では常識とも言えるアイテムです。でもカラコンを着けただけでそんなに変わる?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方の為にどうしてこんなにカラコンが浸透したのか?
その人気の理由やカラコンの上手な使い方についてご紹介していきたいと思います!

まずカラコンを使ったらどのように印象が変わるのでしょうか?

カラコンを使うと目の大きさがだいぶ変わります。動物の顔を見て人が可愛いなぁと感じるのは瞳が大きいからです。

ブラックやブラウンのカラコンならその瞳をナチュラルに大きく変えられるのです。今はカラコンのカラー部分の大きさもいろんな種類が出ています。

自分の目をより大きく見せたい人は、カラー部分の大きいカラコンをチョイスする人が多いようです。元々はあまりぱっちりとした目の印象のない人でも、ブラックのカラコンを着けたらぱっちりとした目に変わるという人もいるんですよ。

目の小さい人は、大きく。元々目の大きい人は、より大きく見せることができるようになるんです。そこにつけまつげしてアイメイクをばっちりしたら、もう完璧です。

カラコンの便利なところは、すっぴんでもカラコンさえしてしまえば“それなりになれる”というのも良い点です。今日はメイク面倒くさいな…カラコンだけでいっか!なんてことも余裕でできたりするんですよ。

カラコンには瞳を綺麗に見せてくれるという効果もあります。

商品によっては瞳がキラキラと輝いているようなカラーが施されたものや、うるうるとした瞳に見せられるように施されたものもあります。

瞳が大きくてキラキラとしていたり、うるうるとした瞳を持った女性って素敵ですよね!でもなかなかそういった目を努力でするのは難しいことです…。カラコンならそうした自分の理想の瞳を演出できるんです。

それに最近のカラコンは特に近づいてもカラコンをしていることがわからないぐらいナチュラルなので、じーっと顔を見られる時があっても、安心して自分の顔を見せられます。

こんなに便利ですぐに可愛くなれるアイテムがあったらお洒落な女子達の間で可愛くなれる常識のアイテムの入るのもうなずけますよね。


最近主流になっているカラコン「ブラック」

最近主流になっているカラコンのカラーというとブラックです。

ブラックのカラコンは日本人になじみやすい色ですし、一番目が大きく見えるカラーなので人気が高く、種類もたくさん出ています。

他にもブラウンのカラコンもあり、こちらも結構人気があるカラーです。ブラウンのカラコンは、どちらかというと色素が薄めの方やハーフっぽく見せたい人達にニーズが高いようです。

瞳の色を自由に変えられるのがカラコンの魅力ですので、今日はハーフっぽく見せたいなぁという時にはブラウンのカラコンをして、今日はぱっちりとうるうるとした目を演出したいなぁという時にはブラックのカラコンをしたりと、その時の気分に合わせて変えている人もいます。

カラコンのカラーが入っていない部分からは多少元の自分の目が見えるので、もし着けていることがわからないぐらいナチュラルに見せたいという人には、元々の目の色に合わせたカラコンを選ぶというのがポイントです。元の目がブラックの人ならブラックのカラコンに、元の目がブラウンならブラウンのカラコンにすると、よりカラコンと元の目とがなじんでナチュラルに見えます。

その時の髪の毛の色やメイクに合わせても素敵です。例えば髪をブラックにしている時は、ブラックのカラコンにブラックのアイライン、赤いリップで仕上げるとクールないう印象になりますし、ヘアカラーで色がブラウン系にしている時は、ブラウンのカラコンにブラウン系のアイラインとアイシャドウ、オレンジのリップで仕上げるとキュートであたたかい印象になります。

組み合わせによってはカラコンを使ってイメチェンも出来るので、気軽に楽しんでみるのも良いと思います。

いかがでしたか?

カラコンはこんな風に使うことができるんです。カラコンを使えば、なりたい雰囲気にぐっと近づけることもできるので、ぜひ上手に使ってお洒落を満喫してみてください!


この20年でカラコンがどのように進化していったか

1990年代に登場したカラコンは、通常の透明のコンタクトレンズと同じように、1年間使用できる長期タイプのカラコンでした。

カラーはグリーン・グレー・ブルー・ブラウンと、さらに変わった色でパープルもありました。

カラコンのメーカーは、今でもコンタクトレンズの会社として有名な大手2社で、1社がふちありのタイプ、もう1社はふちなしのタイプとデザインがそれぞれ違っていました。

ふちありのカラコンは黒目の内側の部分に黒いふちが施され、その外側にカラー、またさらに外側に黒いふちが施されていて、瞳をより大きく見せたい人達には人気があったようです。

ふちなしのタイプはカラーのみが施されていました。現在主流のいわゆる“黒目コンタクト”と呼ばれるブラックのカラコンは、このふちなしタイプを発売していたメーカーから販売されていました。

お洒落に敏感な女子達の間でそのブラックのコンタクトを着けると目が大きく見える!と話題になると、段々と取り入れる女子が増えていきました。

そのうちブラックのカラコンは黒目コンタクトと呼ばれるようになり、どんどん人気が高くなっていきました。それを受けて各メーカーがブラックのコンタクトを販売するようになってきたのです。

透明コンタクトに関しては、それまでの1年長期使用するタイプのコンタクトレンズを使っていたコンタクトユーザー達が、段々と使い捨てコンタクトレンズへとシフトし始めていきました。

でもカラコンに関してはその当時はまだ長期使用のカラコンが主流で、カラコンの使い捨てタイプが発売されるのはそれから数年後になります。

2000年代に某大手メーカーからワンデータイプの使い捨てカラコンが発売されてからは、カラコンも使い捨ての商品が徐々に増えていきました。

この某大手メーカーから発売されたカラコンは、これまでのレンズの中心部までブラックのカラーが施されているタイプのカラコンとは違い、瞳の外側の部分にブラックのふちどりのようなカラーが施されているもので、元の目を生かしながらナチュラルに瞳を大きく見せられるカラコンで話題に。この商品は現在でも高い人気を誇っています。

今ではワンデーの他に、透明のコンタクトレンズと同じように、2週間、1か月の使い捨ても販売されています。

カラコンも使い捨てができたことによって、ユーザー側の選択肢も多岐になってきました。


現在では使い捨てのカラコンが主流

発売当初は1年の長期使用のカラコンが主流でしたが、現在では使い捨てのカラコンが主流になりつつあります。

そんな使い捨てのカラコンですが、ではワンデータイプのカラコンとそうではない2週間、1か月使用のタイプの使い捨てカラコンはそれぞれどういった人に向いているのか気になりますよね?

ワンデータイプのカラコンは、1日で使い切って捨てるので、普段のケアが面倒くさいと感じている人や、はじめてカラコンを使用する人、たまに休みの日にでかける時にしか使用しないという人に向いています。

購入の際に相談する時も、そのような事情を話すと、ワンデーがオススメされることが多いようです。

ただワンデーのカラコンは1日使い捨てですから、薄く作られているので、破けやすいというデメリットもあります。

途中でゴミが入って洗浄するとなった時や、目をこするような時には他の使い捨てのカラコンよりも気を付けて取り扱うようにする必要があります。

2週間や1か月使用のカラコンは、透明のコンタクトレンズと同じく、毎日のケアが必要になってきます。毎日きちんとケアができる人ならやはりコスト面を考えるとワンデーよりはお得なのが2週間や1か月使用のカラコンです。

ただどちらのタイプの使い捨てカラコンも、使用前にはレンズが使用期限内のものか、開封した時に色素が溶出しているようなことはないかをしっかりと確認してから装着する必要があります。

カラコンをはじめて使う人は、装着時間は徐々に増やしていく方が瞳への負担が少ないようです。

慣れてきても連続装着時間については、記載されている時間をきちんと守るようにしましょう。

カラコンは瞳を魅力的に見せてくれる便利なアイテムです。

でも使用方法を間違えると思わぬトラブルも起きてしまいます。「可愛さは健康があってこそ」それは瞳についても同じ事です。

カラコンを使用する時は、使い捨てカラコンでも長期使用タイプのカラコンでも、事前に使用方法をよく把握し、適切な方法で装着するようにして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.