> >

あどけない表情に変身!アイメイクの秘密はピンクシャドーと茶カラコン



きゃりーぱみゅぱみゅさんのようなベビーフェイス、女の子なら一度は憧れますよね。綿菓子のような甘い、甘い幼い雰囲気。
アイメイクの秘密はピンクシャドーと茶カラコン
大きな瞳に見つめられたら、どんなわがままも聞いてあげたくなってしまう小悪魔的な魅力があります。

そんな「THE 女の子」の雰囲気に近づくべく、簡単に童顔フェイスに近づくことができるアイメイクのコツをご紹介します。

ポイントは、ピンクのシャドーと茶色のカラコン。

あどけない表情で男の子の心をがっちりつかみたい方、守ってあげたい女の子になりたい方、ぜひこのメイクをマスターして理想の顔に近づきましょう。


あどけない表情に変身!ピンクシャドーブラウンカラコンを使ったアイメイク

茶カラコンを使った童顔メイク、10代~30代前半、比較的どんな年代の方にも似合います。学生なら正統派美少女、20代以上の女性は大人可愛い森ガール的な雰囲気に。使用するアイテムと手順は、以下の通りです。


使用するアイテム

・上下つけまつげ(ナチュラルタイプ)
・ピンクアイシャドー(パウダータイプがおすすめ)
・ベージュのアイシャドーベース
・ペンシルアイライナー(黒)


メイク手順

1. メイク前に茶カラコンを入れておきましょう。ヘーゼルもしくはブラウン、アーモンド。明るめの茶色を選ぶと甘めフェイスに近づきます。
2. 明るめのBBクリームとフェイスパウダーで、白肌ベースを作ってください。
3. アイホールにベージュのシャドーベースをなじませます。発色をよくするために欠かせない一手間です。
4. ピンクのアイシャドーをアイホール全体に入れます。目頭側が薄くなるように指でぼかすと、目が腫れた印象になりません。
5. 黒のペンシルでアイラインを引きます。デカ目重視ならジェルライナーを使用してもOK。線がガタガタになると、仕上がりがきれいに見えないので、まぶたを軽く引っぱりあげながら、丁寧にラインを仕上げてください。
6. 自まつ毛をカールさせてから、ナチュラルタイプのつけまつげをつければ完成。ナチュラル重視なら下まつげは透明マスカラで対応してもOKです。

茶色のカラコンは、さりげないデカ目を作るマストアイテム、ピンクのシャドーは、女子力アップメイクにもってこい。2つのアイテムの掛け合わせで、赤ちゃんのようなつぶらな瞳に近づきます。

童顔メイクをすると、気分まで女の子らしくなってくるもの。恋愛力を向上させるあどけない表情のメイクテクニックを味方につけて、時には素直な自分を楽しんでみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.