> >

【目が小さい人編】コンプレックス解消カラコン選び3つのポイント



目が小さいコンプレックスは女の子にとって非常に深刻。アイメイクを工夫しても、思うような印象にならなくて、悩んでいる子も多いはずです。

そんな女子の心強い味方こそ、カラコン。上手に活用すれば、目を1.5倍大きく見せることだって可能です。
【目が小さい人編】コンプレックス解消カラコン選び3つのポイント
今回は、目が小さい方に焦点をあてて、デカ目に見せるカラコン選び3つのポイントを紹介します。

アイテム選びを間違えると、カラコンが悪目立ちして、不自然になってしまうリスクが。正しい選び方をおさえて、もっと可愛く、もっとお洒落に変身しましょう。


ポイント1 縁なしタイプのカラコンを選ぶこと

太い黒ぶち、盛りタイプのカラコンは、高いデカ目効果が期待できる代わりに、馴染みにくいのが悩みの種。

もともと目が小さい方がつけると、境目が強調されて不自然になりがちです。着色直径が極端に広いカラコンも、同じ理由から避けた方が無難。商品ごとにやや違いはありますが、13.5mmを超える大きさだと失敗リスクが高いと言えます。

欲張りすぎは失敗のもと、目の大きさにあわせた適切サイズ、デザインを選んでください。


ポイント2 薄めのカラーを選択すること

ブラウン、グレー、薄めのカラーを選択しても、グラデーションが入っている商品なら、十分目を大きく見せてくれます。

最も失敗リスクが低いのは、イエロー系のブラウン。カラコン単独で見ると、ゴールドに近い色味なので、少し派手に感じますが、透明感が強い分、つけた時にはナチュラルに目元を強調してくれます。自目を活かしつつ、デカ目効果を得たいなら、薄いグレーがおすすめです。

いずれにしても、透明感があって自分の目になじむカラーを選択することが「宇宙人顔」にならない選び方のポイントです。


ポイント3 控えめパターン入りの商品を選ぶこと

着色部分が一色だと、白目・黒目の境目がはっきりでてしまうので、不自然な印象を強調します。

ドットやグラデーション、色がついている部分に控えめなパターンが入っている商品を選択すると、とてもナチュラル。

学校につけて行ってもバレない位、自分の瞳と馴染みます。パターンの入り方によって、印象が随分違ってくるので、いくつかの商品を試してみて、最も自然、かつなりたいイメージに近いものを探してみるといいでしょう。

カラコンで目の印象が変わると、メイクが数倍楽しくなります。

すっぴんメイクでも、いつもより可愛く見えるのがうれしいところ。理想のカラコンで、自分をもっと好きになりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: カラコン豆知識

Comments are closed.