> >

写真付きレポ「ネオサイトワンデーシエル(グリーン)」



ネオサイトワンデーシエル(グリーン)についてレポートします。
装着感、デザイン、共にとても優秀で大変使いやすく、お勧めのレンズです。


ワンデーシエルの特徴:MPCポリマーについて

これまで、カラコンに限らずコンタクトを付けると目が乾いて目薬が手放せない、コンタクトレンズを付ける際は必ず「装着液」を使っている、という方はいらっしゃると思います。

乾燥する季節だと特にすぐ目がゴロゴロすると辛いです。

ワンデーシエルの良いところは、「MPCポリマー」という潤い成分が配合されているところです。

MPCポリマーというのはレンズに付着した汚れ(タンパク質)を分解する酵素を安定させる働きがあり、レンズ自身がもつ洗浄力をアップさせる力があるそうです。

レンズを汚れさせないことで、装着感が良くなり、目が乾きにくくなります。

元々コンタクト用品には使われていた材料なのですが、これをカラコンに配合したのは「ワンデーシエル」が業界初なのだそうです。

装着感が良いコンタクトを探している、目の乾燥が気になる方には是非ワンデーシエルを試してみてもらいたいです。


ネオサイトワンデーシエル(グリーン)


ワンデーシエルを付けてみた感想

前述のとおり、装着感は全く問題ありません。1日中付けていても違和感や乾燥は感じませんでした。

そして見た目もとにかく自然です。

「カラコンを入れている」とは分からないほどナチュラルなのに、ウルウルで立体感のある瞳になります。

ワンデーシエルは、とにかくデザインが優秀なのです。

カラーは3トーンのグラデーションになっています。「グリーン」の場合であれば、黒目の内側から、ピンク→グリーン→黒(外縁)です。

これが、本当に自然に瞳に馴染み、奥行きのある立体的な瞳にしてくれます。
グリーンとはいっても、瞳に付けた時にはまったく分からない緑です。

付けてみてもほとんど発色していないように見えますが、地の黒目と比べると微妙に瞳の色が変わっています。

ピンク、黒と複雑なグラデーションを作ることで、瞳に自然に馴染むのです。
着色直径は13.6mmですが、目が立体的に見える為、数字よりも瞳が大きくなったように感じます。

さらに瞳を自然に見せるのは、レンズ着色部の外周、黒い部分が外側に向かってドットが小さくなるグラデーションになっていることです。

他のカラコンだと外周部分がくっきりと黒目と白目を区切るように色付けられている為、「いかにもカラコン」に見えてしまいます。

地の黒目を見れば分かると思いますが、本来黒目と白目の境というのはうっすらとぼやけているものなのです。

ワンデーシエルは外周にグラデーションをかけることで、「カラコンっぽさ」をなくし、より「自然に」瞳を大きく見せてくれるのです。


<裸眼写真>

shierug03ragan



<装着写真>

shierug02sochaku




これなら学校や仕事場に付けて行っても、よほど顔を近づけて瞳を覗きこまれない限りは「カラコン」だとはバレないでしょう。
普段使いにお勧めのカラコンです。


おわりに

大変優秀なカラコンだと思うので、ネットでお安く買えるお店が無いか色々探してみたのですが、

まとめ買いをしても1箱3434円(税込)の価格からほとんど変わらないお店ばかりでした。
このお値段だと1日228円、1月で6868円です。送料無料や、おまけなどがつくお店を探してみると少しお得になるかもしれません。

最後に、1DAYのカラコンは1日以上絶対に使わないようにしてください。
今日短時間しか使っていなくて勿体ないから、保存液の中に入れておいて明日も使おう、等と考えるのは絶対にやめた方がよいです。

目が傷ついたり、病気になる原因になります。

また、1DAYのカラコンだからと言って安心せず、特に目に異常を感じなくても少なくとも3ヶ月に1回は眼科で目のチェックをしてもらって下さい。

目を大切に、カラコンのオシャレを楽しみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.