> >

写真付きレビュー ワンデーアキュビューディファイン アクセントスタイル



ジョンソン・エンド・ジョンソンのディファインタイプ、いわゆる縁のあるタイプのカラコンは今のところ3種類あります。

その中で、一番最初から発売されているのがこのアクセントスタイル。
ワンデーアキュビューディファイン アクセントスタイルのパッケージ

他の2種類と違ってギザギザした切れ込みがないので、名前の通りアクセントがあります。

一番縁が黒色ではっきりしているのがアクセントタイプ

因みに私は、全種類使用して有名どころの他社の製品も数種類試しましたが、一番縁が黒色ではっきりしているのが、このアクセントタイプでした。

ナチュラルなのがいいとか、カラコン付けてる何てバレたくないと思っている人は、他の種類でもいいかもしれませんが、私は満足出来ませんでした。

理由は、付けてても誰にも「雰囲気変わったね」とか言われなかったからです。

それに比べて、アクセントタイプは「何か印象変わったね」とか「整形してないよね」とか「メイク変えたね」と言われる事が多かったです。

しかも、付け始めの頃は一般的にまだまだ認知度も低かったので、誰もカラコンの存在には気づきませんでした。

カラコンと言えば、ガッツリ青とかでしたし、ビュジュアル系ぽい印象のが殆どでした。
今でこそCMなどでも流れ、ごく一般的になりましたが、発売当時はコンタクトで黒目を大きくして可愛く見せれるなんて発想誰にもなかったのです。

なので、コンタクト屋さんで見つけた時は、これ以上宣伝してほしくないとすら思ってました。

目から受ける印象は大きいので付けるか付けないかでは、整形みたいに極端ではなくメイクをするかしないかほどの違いを感じます。


アキュビューディファイン アクセントスタイル使用前、使用後の写真

裸眼の写真

↑↑↑↑↑
裸眼の写真


ワンデーアキュビューディファイン アクセントスタイルを装着した写真

↑↑↑↑↑
装着後のの写真


人間は好きな人などを見ると瞳孔が開くそうですが、その瞳孔が開いた瞬間の目を見せると人間は無意識のうちに好印象を抱くという説があります。

なので、黒目の大きい犬や馬の目を見て可愛いと感じると聞いた事もあります。


メイクなしでもイケる

だから、皆さんもアイメイクには力を入れている事かと思いますが、このディファインがあれば、とりあえずコンタクトだけしてメイクなしでも、多少の場所ならいいかなと思ってしまいます。


なぜ他社の安いアクセントタイプにしないのか?

因みに、私が何故他社のアクセントタイプではなく、あえて値段の多少高いお墨付きのブランドでもない、このブランドを選んでるかと言うと他社よりも製品としてのつくりが、しっかりしていたからです。

1・2回付けた程度では違いが分からないかと思いますが、夜中まで長時間付けてた日も目がシパシパしませんでしたし、あくまでも個人的感想ですが、ドライアイにもなりにくい気がしました。

目の乾燥する速度が違った

1度使用済のコンタクトを放置して比べてみたこともありますが、乾燥する速度が個人的にこのブランドのものが一番遅く感じられました。

なんとなく、数百円安い他社の製品はレンズ自体が薄い感じもしますし、芸能人を使って宣伝にお金を使ってるって事は製品自体のコストを下げてるのかなと考えたりして結局このブランドのアクセントスタイルに戻ってきました。

アクセントスタイルは1DAYと2WEEKがある

しかも、このアクセントスタイルには2週間タイプの2WEEKバージョンもあるので経済的に抑えたい人や、毎日使いたい人でズボラじゃない人は、そちらでもいいと思います。

私は、洗浄液で洗ったりするのが面倒なので衛生面を考えてもやっぱり1DAYタイプを選びました。

楽してお洒落したい人は1DAYタイプの方が合ってると思います。

また、ディファイン系のコンタクトを付けると目が派手になるのも特徴でメイクも栄えます。

彫の深い顔の人は、派手なメイクも違和感なく出来るのですが、やはり彫が浅いと派手なメイクは浮きますしケバく感じられます。

しかし、黒目を大きくするだけで根本的な体の一部がゴージャスなつくりになるので派手とは違った目力ある印象に変身できます。

なので、少し派手にしたいなと思った時にも、イメチェンアイテムとして使うのも有りかと思います。

化粧と同じぐらいお洒落アイテムとして大切

私自身目が元々悪いのでコンタクトは必須なのですが、今は、化粧と同じぐらいお洒落アイテムとしても無くてはならない存在です。

余談ですが、パスポート写真ではカラーコンタクトの使用は禁止されていますが、ディファインタイプは今のところ自己責任となってます。

国のHPを見て実際に確認して自己責任という事でパスポート写真すらディファインコンタクト付きで撮影する程手放せませんでした。

一昔前は、目が悪いと眼鏡しかなくダサいといったイメージだったのでしょうが、今はコンタクトで目の印象を大きく変えられるしお洒落眼鏡などもあるので逆にお洒落のバリエーションも目が悪い子の方が増えてる気がします。

洋服やメイクに合わせてコンタクトの色を変えるのも今風のコーディネートの仕方です。

大手の正規品のカラコンは品質がしっかりしているので安心

ただ、最近は普及と共に使用方法を守らずに使ってトラブルを起こす人や、悪徳業者などカラコンに纏わる悪いニュースも増えてきて残念です。

その点、大手の正規品は品質はしっかりしているので、使用方法を守って使用すれば安心です。

是非、ディファインを使った事のない人には一番違いの分かるアクセントタイプで試して違いを実感してもらいたいですし、コンタクト自体が初めてといった人も1DAYタイプでケアも楽なのでお勧めです。

ワンデーアキュビューディファインを買うならここ




アキュビューディファインを安く買うなら「アットスタイル」がおすすめです。その他、カラコン以外のコンタクトレンズも安いです。もちろん処方箋不要。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.