> >

カラーコンタクトは見ていると不安になる



最近、カラーコンタクトをつけた女性をたまに見るようになりました。

カラーコンタクトをしている女性を見ると、最初はギョッとするものの、「お洒落のために頑張っているんだな」と思います。

ただ、そのうちによぎってくるのが、「もしずっとこの人がカラーコンタクトをつけていくとしたら、目に悪いんじゃ無いか」という心配です。


カラコンは品質に偏りがある

カラーコンタクト自体は、普通のコンタクトレンズと同じで「高度管理医療機器」となっていて、法律によってきちんと承認を受けたものが売られています。

ですが、それでも同じ商品の中でもかなり品質に偏りがあるようで、国民生活センターに様々な相談が寄せられているようです。

カラーコンタクトをつけたら目が痛くなった、ということもあるようで、無理につけると角膜に傷がつき失明の危険性がある、とのこと。

私自身、なんとなくカラーコンタクトに興味を持って調べていたのですが、そういう情報を見た途端ゾーっとして調べることをやめました。

肩こりなどの痛みなら湿布などを貼ればなんとかなりますが、さすがに目に湿布をはるわけにはいきません。

目がデリケートで重要な部分が分かっているからこそ、品質にばらつきのあるカラーコンタクトレンズが恐ろしく思えたのです。


顔は親しみやすいのに、目が何か変

男性の私からすると、正直な話、「目の色が違う」ということで別段女性の魅力が上がるようには思いません。

結局のところ「カラコンを付けただけで変わったもの」なので、付けている人の判断材料にはならないと考えています。

それに元々エキゾチックな容姿をお持ちの方なら、「周りの人とは違う」という雰囲気がひきたてられていいと思います。

ですが、そうで無い人が付けたところで「顔は親しみやすいのに、目が何か変」という違和感があるのです。

おそらく女性間ではお洒落を競う上で、重要な分野にもなっているのかもしれませんが、他人事である男目線で見ると「まあ、ほどほどにしておきなさいよ」という気持ちでいっぱいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.